リーガルの革靴のサイズ感が“大きめ”な理由と失敗しない選び方について

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。

リーガルの革靴を購入しようとしていると、必ずぶつかるのがサイズ感に関する問題です。

新入社員くん
リーガルのサイズ感は少し大きめだと聞きますよね。

 

私は現在、2足のリーガルを履いていますが、購入の際にはサイズ選びに頭を悩ませました。

購入した今だからいえるのですが、リーガルのサイズ感であまり不安になることはありません。

新入社員ちゃん
ちょっとしたコツを覚えれば、ウェブでもあなたに合ったサイズ選びができますよ!
リーガルの革靴について、サイズ感がわかるようになる。自分に合うサイズがわかるようになる。

 

リーガルのサイズ感ってちょっと変わってる

regal

REGAL CORPORATION HPより

リーガルの革靴のサイズ感は普通の革靴と比べて、変わっているとよくいわれます。

新入社員くん
特によく聞くのは、「リーガルの革靴は大きめな作りだ」という意見です。

ネットでレビューを見ていたので、自分でリーガルの革靴を購入する際にはサイズ感でとても悩みました。

そこで、値段の安い楽天やAmazonを利用して革靴を購入したかったのですが、最初の一足は店頭で試着してから購入しました。

店頭で店員さんにサイズ感を確認して購入したわけですが、やはりリーガルのサイズ感は少し特殊でした。

 

革靴のサイズは足長・足囲(ウィズ)・足幅で決まる

画像はhttps://www.rakuten.ne.jp/gold/hitotai/wise.htmlより

そもそも、革靴のサイズと3つの要素で構成されます。

  • 足長
  • 足囲
  • 足幅

この3つです。

よく靴のサイズを選ぶ際に基準にする25cmや26cmというのは足長のことです。

新入社員ちゃん
スニーカーなどの場合、そもそも足囲や足幅はワンサイズで足長のみでサイズが異なっているパターンが多いです。

しかし、革靴の場合にはフィット感をより高めるために足囲や足幅なども数字も表示されていることが多いです。

スニーカーの場合サイズ表記は足長のみの場合が多い。革靴はよりフィット感を上げるために足囲や足幅の表記もされることが多い。

 

リーガルの足長・幅は一般的な革靴と変わらない。でも…

リーガルの革靴ですが、足長・足幅は一般的な革靴と変わりません。

なので、あなたが普段履いている革靴があるのならそのサイズを元にリーガルの革靴を選んでも大きくサイズ感を間違えることはありません。

では、なぜサイズ感が大きめだといわれるんでしょう?

新入社員ちゃん
その理由はリーガルの足囲(ウィズ)にあります。
サイズが変わっているリーガルの革靴。しかし、足長・足幅は一般的な革靴と変わらない。

 

リーガルのEウィズ=他の革靴のEEウィズ

足囲のことを“ウィズ”と読びます。

足囲よりもウィズという呼び方の方が一般的なので、ここからはウィズという呼び方を採用させていただきます。

足長のことを“ウィズ”と呼ぶ。“ワイズ”という呼び方をすることも。今回の記事中では、ウィズという呼び方で統一。

足幅はセンチで表されますが、ウィズはアルファベットで表されます。


《ウィズが大きい》

G

F

EEEE(4E)

EEE(3E)

EE(2E)←標準的な大きさ

E

D

C

B

A

《ウィズが小さい》


EE(2E:読み方は“ダブルイー”)を標準サイズとして、Aに向かうに従ってウィズが小さく、逆にGに近づくに従ってウィズは大きくなっていきます。

新入社員くん
EウィズにはE〜EEEE(4E)まで4種類あるのが特徴です。
そして、リーガルの場合にはウィズの大きさが他の革靴よりもワンサイズずつ大きい設定になっているのです。

【リーガルのウィズ】

 《ウィズが大きい》

  EEEE(他の革靴のF)

    EEE(他の革靴のEEEE)

   EE(他の革靴のEEE)

  E(他の革革靴のEE)

D(他の革靴のE)

 《ウィズが小さい》


このため、他の革靴を基準にしてサイズを選んでしまうと、「足長が合っているのにウィズが大きい」という状況になってしまうのです。

リーガルのサイズが大きいといわれるのはウィズが大きいためである。リーガルのウィズは他の革靴よりもワンサイズずつ大きく設計されている。

 

なぜ、リーガルのサイズ感が他の革靴と異なるのか

では、なぜリーガルの革靴は他の革靴とサイズが異なるのでしょうか。

これは日本人向けに革靴を作り続けてきたリーガルの長い歴史が関わっています。

 

リーガルの歴史を紐解くと

REGAL CORPORATION HPより

現在のリーガルコーポレーションの前身となる日本製靴株式会社がリーガルブランドの革靴を発売したのは1962年のことです。

この頃から長年にわたってリーガルは日本人向けに革靴を発売してきました。

 

リーガルは伝統を重んじながらも、最新の技術や素材を取り入れるのが得意な会社です。

そして、日本人向けに革靴を作り続けたことで、日本人の足の形に関する多くのデータを手にすることになります。

REGALについてはこちら

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 日本の革靴ブランドといったら、真っ先に思い浮かぶのはREGAL(リーガル)ではないでしょうか。   有名なブランドですが、その歴史や魅力を正し[…]

新入社員ちゃん
リーガルの歴史などについてはこちらの記事をどうぞ。

 

日本人が日本人向けの革靴を作った結果

革靴の主流は欧米です。

しかし、欧米人に比べると日本人の足の形には大きな違いがありました。

新入社員ちゃん
それが“甲の高さ”でした。
日本人の甲は欧米人に比べて高いことが多いのです。

リーガルはこれを受けて、より日本人にマッチする甲の高さを高めに設定した革靴を多くラインナップさせます。

リーガルの標準ウィズであるEEが他の革靴のEEE相当になっているのにはこんな理由があったのです。

リーガルが甲が高い日本人の足形に合わせて革靴を作った結果、EEウィズ(リーガルの標準ウィズ)が他の靴のEEEウィズ相当になった。

 

【選び方】普段履いている革靴がEEウィズならリーガルのサイズは?

ここからは実践的なお話です。

普段履いている革靴からリーガルのサイズ感が予想できたら便利だとは思いませんか?

新入社員くん
店頭でもスムーズにサイズ感を確かめることができますし、ネットでも購入できるようになります。

もし、あなたが26cmの革靴を履いていたら
例えば、あなたは普段26cm・EEの革靴を履いているとします。
さらに、履いている中で「甲の部分が少しきついな」と感じていたとしましょう。
この条件ならば、「26cm・EEのリーガル」を選べばぴったりのものを選べるでしょう。

EEのリーガルのウィズは、他の革靴でいうEEEウィズ相当になります。

甲の窮屈さを感じることなく快適にリーガルを履くことができるはずです。

新入社員ちゃん
このように、リーガルはウィズが他の革靴よりもワンサイズ大きいのだなと知っておくだけで安心してサイズ選びができます。

 

【結論】リーガルのウィズの大きさは他の革靴よりワンサイズ大きい

今回はリーガルの革靴のサイズ感について解説を行いました。

私自身、リーガルの革靴を購入する際には頭を悩ませたものです。

 

しかし、実際にはウィズの大きさに気をつければ心配することなく購入することが可能です。

新入社員くん
リーガルの革靴を購入する際には、ウィズの大きさが他の靴よりもワンサイズ大きいとだけ覚えておきましょう。

 

関連記事

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 日本の革靴ブランドといったら、真っ先に思い浮かぶのはREGAL(リーガル)ではないでしょうか。   有名なブランドですが、その歴史や魅力を正し[…]

新入社員ちゃん
リーガルについて気になった方はまとめ記事もありますので、ぜひ読んでみてくださいね。