リーガルの定番プレーントゥ2504をレビュー【サイズ感・履き心地など】

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。

私はREGAL(リーガル)の革靴を2足愛用しています。

今回紹介するのはREGAL 2504というモデル。

 

非常に息の長いモデルで、1969年から発売され続けています。

実際に履き込んでみて、なぜベストセラーとして愛され続けているのかわかった気がします。

新入社員くん
本当に履いているからこそわかるREGAL 2504の魅力を皆さんにお伝えしたいと思います。

 

REGAL(リーガル)ってどんなブランド?

REGAL(以下リーガル)は1880年にアメリカで誕生したブランド。

1962年には日本にある「日本製靴株式会社」と技術提携を結び、1990年に日本製靴株式会社がリーガルの商標権を取得し現在に至ります。

日本製靴株式会社は現在では『株式会社リーガルコーポレーション』と名前を変えています。

新入社員ちゃん
リーガルは元々日本のブランドだと思っていたけど、ルーツはアメリカにあったんだね。
ルーツはアメリカにあるものの、今のリーガルは日本企業。
日本人の足に合わせた革靴を、50年以上メイドインジャパンで作っています。
新入社員くん
日本人の足の形を徹底的に研究し、知り尽くした企業です。安心して革靴を購入できますね。

 

REGAL(リーガル)の定番プレーントゥ2504NA

こちらが今回紹介するリーガルの2504。

正式名称は2504NAといいます。

形は外羽根式のプレーントゥで、光沢のあるレザーが使われています。

 

冒頭にも触れましたが、このモデルはリーガルと日本製靴株式会社が技術提携を結んで間もない1969年から発売され続けています。

新入社員ちゃん
2504NAは50年以上ビジネスマンに愛される革靴。愛されるだけの理由があります。

 

リーガル2504NAの特徴について

革靴は製法や使われている素材によって履き心地やケアの方法が全く異なります。

この後お話しするレビューにも関係してくる部分なので、まずは2504NAのスペックをお話ししていきます。

  • 製法
  • アッパーに使われている素材
  • ソールに使われている素材
新入社員くん
大切なこの3点についてお話しします。

 

2504NAの製法について

2504NAに使われている製法は「グッドイヤーウェルト製法」です。

靴の製法について知る

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 今回は革靴を選ぶ上で知っておきたい製法について解説。 製法は革靴の歩きやすさや軽さなどを左右する大事な要素なのです。   そんな革靴の製[…]

製法については上の記事をどうぞ。より詳しく解説しています。

 

どのような作り方なのかまではここでは触れませんが、この靴を履く私たちにはこんな恩恵があります。

  • ソールの交換が可能なので購入してから長く履ける
  • 履き込むごとに足の形に合っていく
  • 厚手の革が使われていて頑丈

グッドイヤーウェルト製法の一番の特徴は、ソールの交換が可能であるところ。

手入れさえしていれば10年・20年と履くことが十分可能です。

また、製法の特性上厚手の革が使われます。

新入社員くん
ソールの交換が可能で、革も厚く頑丈。長く革靴を履きたい方にはぴったりです。
REGAL 2504NAに使われている製法は『グッドイヤーウェルト製法』。ソール交換が可能で革も厚手。非常に長く履くことができる。

 

2504NAのアッパー素材について

リーガル 2504NAのアッパーに使われている革の素材は、「ガラスレザー」と呼ばれるものです。

ガラスレザーとはなめした革の表面に、通常よりも厚く塗料を乗せた革のこと。

革にシールドが貼られているような状態なので、

  • 非常に光沢感が強い
  • 防水性が高い
  • ケアが簡単

このようなメリットがあります。

 

汚れてもブラッシングと最低限のケアでピカピカになります。

経年変化が少ないので、ケアが好きな方からすれば物足りなく感じるかもしれません。

新入社員ちゃん
ただ、忙しいビジネスマンのみなさんとってはむしろ嬉しい仕様ではないでしょうか。
アッパーに使われている革は「ガラスレザー」。光沢感が強く、雨など水にも強い。ケアが簡単なので忙しいビジネスマンには嬉しい素材。

 

2504NAのソールについて

2054NAに使われているソールは「ゴムソール」です。

革靴には大きく分けて、

  • レザーソール
  • ゴムソール

この2種類があります。

 

レザーソールは定期的なメンテナンスが必要ですが、ゴムソールは必要ありません。

また、レザーソールは水分に弱いですがゴムソールなら雨でも問題なし。

新入社員くん
突然の雨でも安心な仕様です。
また、グッドイヤーウェルト製法はソールと中底の間にコルクが敷き詰められています。
履くとにコルクが沈んでいき、足の形に最適な形に靴が変化します。
2504NAのソールは「ゴムソール」。メンテナンスの必要はなく、雨でも問題なく使用できる。ソールの上にはコルクが敷き詰められており、履き込むごとに歩きやすくなる。
新入社員ちゃん
ここからは筆者がリーガル2504NAを実際に履いてみてのレビューになります。正直な感想をお届けします!

 

REGAL 2504NAの正直なレビュー

リーガル 2504NAについて正直なレビューをしていきます。

良いなと感じた点を3つと、注意すべき点を1点ご紹介します。

 

歩きやすさは普通、履きやすさは最高レベル

私はグッドイヤーウェルト製法の革靴を他にも何足か持っています。

他のグッドイヤーの革靴と比べてみると、2504NAの歩きやすさは「普通かな?」という感じです。

ここで注意して欲しいのはグッドイヤーウェルト製法の革靴は元々歩きやすく作られているということ。

新入社員くん
高水準な戦いなので、普通という感想になりましたが、十分次第点に達している履き心地です。
リーガル2504NAの歩きやすさはグッドイヤーウェルト製法の革靴の中では普通。そもそもこの製法は歩きやすい製法。普通な時点で十分歩きやすい。

 

歩きやすさは普通ですが、脱ぎ履きの快適性が抜群です。

外羽根式なので、靴紐をすぐに緩めたりきつくしたりできるのです。

脱ぎ履きのストレスがなく、ビジネスユースでの使用をしっかりと考えて作られているのだなと感じています。

歩きやすさは普通だが、2504NAは脱ぎ履きがとても快適。ビジネスマンに愛される理由がなんとなくわかる。

 

REGALの中で2504NAが一番気楽に付き合える

リーガルの中でも、最も社会人にフレンドリーなのが2504NAだと考えています。

歩きやすさ、脱ぎ履きのしやすさもポイントですが、リーガルの他の革靴も高い水準で満たしています。

新入社員くん
他と1番差別化されているのがアッパーに使われている「ガラスレザー」です。

 

社会人として、革靴を綺麗に保つのはマナーです。

雨にも強いので状況を選ばずに履ける。雨で汚れたとしても、簡単にケアができる。

さらには、ソールはラバーソールなので雨でも滑らない。

新入社員ちゃん
ここまで状況を問わず履ける、サラリーマンライクな革靴があるでしょうか。
ガラスレザー&ラバーソールで雨でも履ける。雨で汚れてもメンテナンスが簡単。サラリーマンライクな仕様。

 

初めてのREGALなら、私は2504をすすめる

もし、会社で「初めてのリーガルはどれがおすすめ?」と聞かれれば、私は真っ先にこの2504NAをすすめます。

間違いなく、日本人の足型・生活習慣などを知り尽くしているリーガルの良さを体感できる1足です。

 

そして、この革靴は長く履ける「グッドイヤーウェルト製法」で作られています。

加えて手入れも楽なので、『靴磨き』を覚えるのにもぴったりです。

新入社員くん

ビジネスマンなら誰でも満足できる1足でしょうし、その中でも特に「長く履ける良い靴を購入してみたい」と考えている方にはうってつけです。

関連記事

こんばんは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 このブログでは革靴のさまざまなトピックを扱ってきました。 新入社員くん 今回は「革靴のメンテナンス」に関する記事の総まとめです! 「履き始めの[…]

革靴の手入れ方法についてはこちらの記事をどうぞ。

日本人を知り尽くしているリーガルの革靴の良さを存分に知れるのが2504NA。特に、良い靴を1足買ってみたいという方には最適。

 

欠点を上げるなら2504NAは雪の日に弱い

ただ、1点欠点を見つけてしまいました。

このリーガル2504NAですが、雨には強いですが、雪には弱いのです。

 

雨で濡れた路面を歩っても、ラバーがしっかりと地面を捉えてくれるので滑ることはありません。

しかし、雪の上や凍った氷の上はよく滑ります。

おそらく凹凸がないタイプのラバーを採用しているからでしょう。

私は東北地方に済んでいるので、雪が積もっている時には履くのを控えていました。

2504NAは雨には強いが雪道や氷には弱い。雪が積もる地域に住んでいる方は注意が必要。
新入社員くん
雪が積もり地域に積んでいる場合には、冬用の滑らない革靴を1足用意しておくと安心です。

 

REGAL(リーガル)2504NAのサイズ感について

画像はhttps://www.rakuten.ne.jp/gold/hitotai/wise.htmlより

リーガルのサイズ感は少し独特です。

靴のサイズを表すサイズに足長・足囲(ウィズ)・足幅があります。

リーガルは足囲(ウィズ)が一般的な革靴よりも1サイズ大きく作られています。

 

ウィズは靴の横幅のこと。

ウィズはEなどアルファベットで表されます。


《ウィズが大きい》

F

EEEE

EEE

EE

E

D

《ウィズが小さい》


例えば、リーガルのEサイズは他の靴でいうEEサイズにあたります。

新入社員くん
これはウィズが大きな日本人の足の形にフィットする様、リーガルが追求した結果です。
他の革靴のEウィズはリーガルのEEウィズに相当。リーガルの革靴はウィズが大きめだと覚えておきましょう。

 

REGAL(リーガル)2504NAのケア方法について

新入社員ちゃん
ガラスレザーなので、ケアはとても簡単です!

2504NAはブラシを使ったブラッシングだけで綺麗になります

雨などで付いたしつこい汚れも、レザーローションなどで簡単に落とせます。

一般的な革靴であれば、数ヵ月に一度は本格的な靴磨きをしたいところ。

ガラスレザーなら本格的な靴磨きは半年に一度くらいで十分です。

新入社員くん
ただし、履き始めのケアと、履きジワがつき始めた時の保革は靴の寿命を伸ばすためにも行うべきです!
靴磨きについて

こんばんは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 このブログでは革靴のさまざまなトピックを扱ってきました。 新入社員くん 今回は「革靴のメンテナンス」に関する記事の総まとめです! 「履き始めの[…]

 

【まとめ】2504NAはサラリーマンライクだから愛される

50年以上のロングセラーモデルであるリーガル2504NA。

このブログでレビューをするうちになぜこれほど長く愛されるのか、その理由がわかってきた気がします。

  • 歩きやすく、履きやすい
  • ケアは簡単でいつも綺麗
  • 水に強く、雨でも履ける

忙しいけれど、綺麗な革靴をフレンドリーに履きたい。

2504NAはサラリーマンの需要にピッタリとマッチする、そんなリーガルの傑作です。

新入社員くん
みなさんもぜひ、ビジネスパートナーにこのリーガル2504NAをどうぞ。

新入社員ちゃん
あなたに合う革靴を選べるよう、革靴の購入方法をまとめました。この記事を読んで、あなたにぴったりな革靴を選びましょう!