【相場&おすすめ4ブランド】新入社員が買うべき革靴の値段帯はいくら?

こんにちは!ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。

新入社員くん
う〜ん、会社に履いていく革靴ってどれくらいの値段のものがおすすめなんだろう?

みなさんも、新入社員くんが悩んでいるのと同じ悩みを持っていませんか?

新入社員ちゃん
革靴って上はいくらでも高いものがあるイメージ。

そうなんです。高いものの場合、10万円を超えるような革靴もザラにあります。

 

しかし、新入社員が購入するべき値段帯は間違いなく13万円台の革靴です。

安くはないですが、コストパフォーマンスの面から考えても新入社員が買うべきは間違いなくこの値段帯の革靴なのです。

 

新入社員の買うべき革靴の値段は?

新入社員には、1〜3万円の値段帯の革靴がおすすめ。

なぜかというと、この価格帯の革靴はエントリーモデルとして作られているからです。

新入社員ちゃん
素材や製造方法を考えると、この価格帯が一番コスパがいいんだって!

3万円を超えてくるような靴は、当然素材も製法もいいものが使われています。

新入社員くん
まぁ、高いから良いものなのは当然だよね。

新入社員くんのいう通り。

高い革靴(のほとんど)は素晴らしいものに違いありませんが、コストパフォーマンスは正直あまり高くありません。

 

革靴の値段はピンキリ

同じビジネス用の革靴でも、3,000円程度のものから10万円を超えるものまで幅があります。

新入社員くん
同じ革靴なのに、一体なぜこんなに価格が違うの?

安い革靴のほとんどは合皮です。

本革と違って、傷がついてもメンテナンスで消すことはできません。

新入社員ちゃん
なるほど。傷が付いたら買い替えになっちゃうのか!

本革の革靴ですが、およそ1万円程度から購入できるようになってきます。

また、2万円を超えてくると製法もしっかりしているものが増えてきて、ソールを交換して5年・10年と履くことができるモデルも出てきます。

 

革靴に慣れていないのに高い値段の革靴は必要ない

先程お伝えした通り、高い革靴は素晴らしい素材と製法で仕上げられています。

きちんと手入れができれば、素晴らしい相棒になってくれるでしょう。

新入社員くん
でも、メンテナンスができるか不安だなぁ。
新入社員ちゃん
私たち、まだ革靴を履き慣れていないものね。

高い革靴も、手入れが行き届いていなければ宝の持ち腐れ。

それならば、コストパフォーマンスに優れる13万円のエントリーモデルの革靴を購入し、手入れを覚えるのが賢い方法ではないでしょうか。

 

新入社員におすすめな革靴の値段が1〜3万円な理由

詳しく、なぜ1〜3万円の革靴がおすすめなのかお話していきましょう。

  • 革靴の素材・製法のバランスがいい
  • 本革であれば靴磨きができる
  • オールソールで履き続けられる
新入社員くん
この3つのポイントをバランスよく兼ね備えているのが、この価格帯の革靴なんだそうです!

 

革靴の値段は素材と製法で決まる

革靴の値段は素材によって変動します。

安いものは合皮。

金額が上がると(1万円程度から)本革のものへ変わっていきます。

新入社員ちゃん
でも、素材だけじゃなく製法も値段に関係しているんだって!

そう、安い革靴はほとんど「セメンテッド製法」という方法で作られていて、ソール交換が行えません。

2万円を超えてくると「グッドイヤーウェルト製法」などが使われます。

これは、ソールを何度も交換することが可能で、長く革靴を履くことができます。

新入社員くん
1万円あれば本革の靴で綺麗に履けるし、3万円あればソール交換をしてもっともっと長く履けるわけだ!

1万円あれば本革のシューズが買える

1万円あれば本革のシューズが買えます。

革靴は地面に近いので、どんなに注意して歩いていても傷が付きます。

新入社員ちゃん
大きな傷の場合、合皮だと買い換えるしかありません

しかし、本革であればメンテナンスで傷を消したり目立たなくして履き続けることができます。

ビジネスの場面では整った身なりが求められます。

新入社員くん
結果的に、長く綺麗に履ける本革の革靴の方がコストパフォーマンスがいいんだね。
あわせて読みたい

新入社員くん 「靴磨き」って大人な趣味だよね。格好いいけど、敷居が高いなぁ。 新入社員くん でも、仕事で革靴を履くんだし手入れは覚えた方がいいよね。 えらい! 身だしなみが大切な社会人に[…]

3万円あればソール交換できる革靴が手に入る

将来、少し高い革靴にも挑戦したいのなら23万円台の「グッドイヤーウェルト製法」が使われた革靴を購入してみるのがおすすめ。

オールソール(ソールを全て取り替えること)が可能なので5年から10年くらいは余裕で履くことができます。

新入社員くん
革靴を綺麗に履くには靴磨きが必要!将来高い靴を買った時にはその技術を思う存分活かすぞ!

 

【価格帯別】新入社員におすすめの革靴について

今回は4つのブランドを紹介します。

1万円台で買えるものを2つ、2〜3万円台を1つ、少し背伸びをした3万円台で買えるものを1つ紹介していきます。

  • KENFORD
  • texy luxe
  • REGAL
  • JALAN SRIWIJAYA
新入社員ちゃん
以上の4ブランドを紹介します!

1万円台:KENFORD(ケンフォード)

画像はREGAL CORPORATION公式サイトより

まずおすすめしたいのは、KENFORD(ケンフォード)です。

値段帯は多くのものが1万円台。

新入社員くん
楽天などでは1万円を切るモデルも多々ラインアップしています!
なんといっても特徴は見た目の良さ。
それもそのはずで、作っているのはREGALと同じメーカー。
使われている革も同じものだそうです。
新入社員ちゃん
REGALと違うのは、ソールを交換できないところ。
寿命だけが残念なところで、革靴をローテーションして大切に履いても2年ほどが限界でしょう。
KENRORD(ケンフォード)
レザーの種類 本革
ソール交換 できない
履ける年数の目安 2~3年
メインの価格帯 9,000円〜15,000円

 

1万円台:texy luxe(テクシーリュクス)

画像はtexy luxe公式サイトより

歩きやすい革靴を求めているのなら、texy luxe(テクシーリュクス)がおすすめ。

運動靴で有名なアシックスが作っているビジネスシューズブランドです。

本革なのに軽くて驚く、よく曲がります。革靴ですが、ランニングができるレベルの運動性能です。

新入社員ちゃん
取材で歩き回る編集者の方など、動き回る仕事をしている人には非常におすすめ!
それでいて値段も多くは1万円以下。高いモデルでも1万円台で購入できます。
新入社員くん
このコスパは圧倒的
texy luxe(テクシーリュクス)
レザーの種類 本革
ソール交換 できない
履ける年数の目安 2~3年
メインの価格帯 8,000円〜12,000円

 

2~3万円:REGAL(リーガル)

画像はREGAL CORPORATION公式サイトより

日本で一番有名なビジネスシューズブランドは間違いなくREGAL(リーガル)でしょう。

日本人の足の形に合わせた靴づくりが上手で、Made in Japanを貫くブランドでもあります。

新入社員くん
値段は少し高くなりますが、ここから靴のレベルも一気に上がります!
価格帯は2~3万円台になります。
のレベルからソール交換ができる、「グッドイヤーウェルト製法」が使われ始めます。
レザーのメンテナンスをしていれば、ソールの交換をして5年・10年と履き続けることも可能です。
新入社員ちゃん
REGALなら知名度も抜群!どこに履いていっても恥ずかしくないね!
革靴は、脱ぐとインソールにブランド名が書いてあるものが多いです。
筆者はその時REGALの文字に救われたことがあります。1足持っておくと安心感が違います(実体験)。
 REGAL(リーガル)
レザーの種類 本革
ソール交換 できる
履ける年数の目安 5〜10年
メインの価格帯 20,000円〜35,000円

 

3万円台:JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)

画像はJALAN SRIWIJAYA公式サイトより

最近知名度を鰻登りにあげているのが、JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)

革靴の聖地、英国のノーザンプトンで修行したルディ・スパーマンがインドネシアで立ち上げた新進気鋭の革靴ブランドです。

「ハンドソーンウェルテッド製法」という、「グッドイヤーウェルト」の原型のような製法で革靴を作るブランドです。

新入社員くん
ほとんどが人の手で作られているから、出来上がるまでにすごく時間と手間がかかるんだって!
多くの手間と技術が必要な製法ですが、そんな革靴の多くが3万円台で購入できてしまいます。
新入社員ちゃん
REGALよりも少し値段は上がるけれど、本当にいいものを選んでみたいならいい選択かも。
JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)
レザーの種類 本革
ソール交換 できる
履ける年数の目安 5〜10年
メインの価格帯 30,000円〜40,000円

 

まとめ:1〜3万円でも十分いい革靴が買えてしまう

  • KENFORD
  • texy luxe
  • REGAL
  • JALAN SRIWIJAYA
新入社員ちゃん
以上、4つの革靴ブランドを紹介してきました!
紹介した4つのブランドは、自分で実際に履いてこれはおすすめできるなと感じたものです。
どれを買っても後悔しないことを保証しましょう。
また、ビジネスで使う革靴を選ぶ際にはデザインに関する知識もあるといいです。
あわせて読みたい

こんにちは、ブロガーの(@redpandablog)です。 新入社員ちゃん 突然ですが、革靴のデザインについてちゃんと知っていますか? 革靴にはいろんな種類がありますが、デザインによって「フォーマル」向けか「カ[…]

デザインによってはマナー違反になってしまうので注意しましょう。
新入社員くん
紹介したブランドから、憧れの革靴ブランドへとステップアップしてみるのも素敵だと思います!
まずは、コスパに優れる13万円台の革靴で革靴になれるところから始めてみてくださいね。
また、革靴をどこで買えば良いかわからないという方は、【新入社員の革靴の買い方】ビジネスシューズはどこで買えばいい?【注意が必要なポイントも】などの記事もぜひ参考にしてみてください。
新入社員の革靴選びの全て

新入社員くん まだ革靴が少ないのでこれから買い足したい! と、考えている新入社員のあなたのために革靴の選び方を全てまとめました。 この記事を読むだけで、選ぶべきデザインや色、価格帯まで革靴選びの全てを網羅できま[…]