【初めてでも大丈夫】靴磨きは難しくない!方法・道具についてやさしく解説

新入社員くん
「靴磨き」って大人な趣味だよね。格好いいけど、敷居が高いなぁ。
新入社員くん
でも、仕事で革靴を履くんだし手入れは覚えた方がいいよね。
えらい!
身だしなみが大切な社会人にとって、靴を綺麗な状態に保つことはとても大切なことです。
でも、彼は1つ勘違いをしています。
靴磨きはそんなに難しいものではありません。
今回は靴磨きの方法や、使う道具について解説していきます。
この記事を読むだけで靴磨きの方法もわかりますし、用意すべき道具も丸わかりです。
新入社員ちゃん
一緒に靴磨きについて知識を深めよう!

 

靴磨きは初めてでも大丈夫!

新入社員くん
靴磨きってハードルが高いんじゃない?自分でできるか不安だなぁ。

実は、靴磨きはそこまで難しくありません。

専用の道具は必要ですが、それさえ揃えればあとは手順に従って靴を綺麗にしていくだけ。

新入社員ちゃん
はじめての靴磨きでも、あなたの革靴が見違えるくらい綺麗になると思いますよ!

靴磨きをしないとどうなるの?

靴磨きをしないと、靴の光沢が失われていきます。
履きジワも段々と深くなっていき、栄養も足りないので最終的に穴が空いてしまいます。
新入社員くん
靴磨きをしないと見た目が悪くなるだけではなく、革靴の寿命も短くなってしまいます。

靴磨きの手順と道具について解説

靴磨きで重要なのが手順と道具です。

この2つを知っておけば失敗はあり得ません!

新入社員ちゃん
靴磨きの方法は、後で写真と共に詳しく解説を行います。
新入社員くん
まずは手順と道具について解説しておきましょう。

靴磨き全体の手順について

  1.  靴紐を解きシューツリーを入れる
  2. ブラッシングでホコリを落とリムーバーで汚れ落とし
  3. 靴クリームを塗る
  4. 余分な靴クリームを落とす
  5. ポリッシュで艶を出す
新入社員くん
以上が靴磨きの基本的な流れになります。
新入社員ちゃん
慣れると1足30分もかからずにピカピカにできます!

靴磨きで使う道具について

 

新入社員ちゃん
靴磨きに使うクリーム類がこちら。

右から順に、

  • 靴クリーム
  • 汚れ落としローション
  • ポリッシュ

となっています。

新入社員くん
最後のポリッシュはあまり艶を出したくない場合には不要です!

次にブラシ類です。

  • 汚れ落とし用のブラシ(一番奥)
  • ペネトレイトブラシ(左、一番小さい)
  • 豚毛ブラシ(一番手前)
新入社員くん
どのブラシも用途が異なります。

 

クリームを塗ったりと大活躍するのが布です。

新入社員ちゃん
写真ではネル布を使っていますが、着古したTシャツのハギレなどでも問題ありません。

 

最後はシューキーパー。

シューツリーとも呼ばれます。

新入社員ちゃん
履きじわを伸ばす効果があるので、クリームが塗りやすくなります。
シューキーパーの選び方

新入社員くん 革靴を長持ちさせるためにはシューキーパーがあるといいんだって!でも、どんなシューキーパーがいいかわからないや… 新入社員くん とりあえず、ネットで安いのを買えばいいか! 「ちょっと待[…]

 

靴磨きで使う道具は以上の通り。

全て揃えると5000円程度はかかってしまいます。

新入社員くん
最初は道具が全てセットになっているものを購入するのもおすすめです!3,000円程度から販売されていて、頻繁に使ったとしても1年以上は十分もつと思います。

 

実際に靴磨きの流れを追っていこう

新入社員くん
ここからがいよいよ本題です!

実際に靴磨きを行いながら、詳しい方法をお伝えしていきます。

靴磨き前の靴ですが、一見綺麗に見えますが汚れがあったり筋状の擦れがあったりします。

 

右のかかとの内側部分にはスジ状の傷が入っていました。

これは少しショック。

新入社員くん
しかし、この程度なら靴磨きで綺麗にすることができると思います。

 

【準備】靴紐は靴磨き前に解いておく

まず、靴磨きをする際には靴紐を解いておきます。

  • 汚れを落としやすくする
  • 靴紐にクリームがつくのを避ける
新入社員くん
このように理由はいくつかあります。

 

そして履きじわを伸ばしてしっかりと伸ばすためにシューキーパーを入れます。

新入社員ちゃん
シワが伸びるので、栄養も入りやすくなります!

 

シワを伸ばすほかに、シューキーパーは除湿などの効果もあります。

新入社員くん
履いた後の靴に入れるのを習慣化しておくと、靴の寿命が驚くほど変わってきます。

 

ブラッシングで砂やホコリを落とす

まずはブラッシングでほこりや砂を入念に落とします。

新入社員くん
靴紐のあった部分や、ソールとアッパーの間などは特にほこりが溜まりやすいです。

 

ホコリを落とすだけでもだいぶ綺麗に見えます。

ほこりがついたままだと、靴クリームを塗る際にホコリを巻き込んでしまいます。

 

リムーバーで汚れを落とす

汚れ落としのローションやリムーバーを使ってブラッシングでは落ちない汚れを落としていきます。

 

新入社員くん
ローションで汚れを落とす際には、布を指に巻き付けると便利です。

少量を指の腹に乗せ、靴全体を磨くように擦っていきます。

 

 

新入社員ちゃん
布が汚れてきたら、汚れていない面に持ち替えて磨くのがポイントです。

靴クリームを靴全体に

靴の汚れが落ちたら靴クリームを塗っていきます。

新入社員くん
靴クリームは色がついているので、指につかないように気をつけながら塗りましょう。

汚れてもいいなら、指で塗ってもOK。

ただ、ペネトレイトブラシを使った方が綺麗に早くクリームが塗れます。

 

クリームを塗ったら、豚毛のブラシでブラッシングを行います。

新入社員くん
左右に素早く動かし、革の毛穴からクリームを浸透させるようなイメージです。

 

ブラッシングが終わったら、余分なクリームを布で拭きあげます。

過剰な栄養は革のカビなどにつながります。

新入社員ちゃん
クルクルと円を描くように、靴全体を軽く磨き上げてあげましょう。

 

シューポリッシュを塗って靴磨き

靴磨きはシュークリームを塗って終了でも大丈夫です。

ただ、今回は靴に光沢感を与えたかったのでワックスを使うことにします。

新入社員くん
ワックスは硬く、鏡面磨きなどに使うものですが、「少し光沢感を出したいな」という時にも重宝します。

 

綺麗な布を指に巻きつけ、ワックスを取ります。

 

靴の先端とかかとの部分を中心に薄く塗っていきます。

厚くすると鏡面磨きになります。層が厚くなる分、芯材のない部分に塗りすぎるとひび割れなどの心配も。

新入社員ちゃん
ポイントは薄く薄く塗っていくこと!

あまり光沢が出ない場合には、少し水を布につけて磨くと綺麗に光沢が出ます。

ワックスで鏡面磨き!

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 新入社員くん 革靴の先がキラキラしているのを見かけるけど、あれってどうやるの? 新入社員ちゃん あれって「鏡面磨き」っていうら[…]

ワックスを1つ持っていると、鏡面磨きというテクニックにも応用できます。

詳しくは上の記事で解説しています。

 

さて、以上で靴磨きは終了!

新入社員くん
靴紐を通して、完成品を見てみましょう。

靴磨きで革靴を綺麗に長く履こう!

こちらが靴磨きを終えた革靴。

シューツリーは履くまで入れっぱなしで問題ありませんが、今回は取って撮影しました。

 

汚れが落ち、全体的に艶が出たと思います。

新入社員くん
かかとの傷も消えて綺麗な状態になりました!

紹介した方法にしたがって靴磨きをするだけで、革靴を綺麗に長く履くことができます。

道具さえ用意すれば誰でもできるケアなので、ぜひあなたの革靴も綺麗にしてあげてください。

合わせて読みたい

こんばんは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 このブログでは革靴のさまざまなトピックを扱ってきました。 新入社員くん 今回は「革靴のメンテナンス」に関する記事の総まとめです! 「履き始めの[…]

新入社員ちゃん
革靴のメンテナンスについてまとめた記事もあります。この他にも知っておいて欲しいケアがいくつかあるので、ぜひ読んでみてくださいね!