【正解は3足】新入社員は革靴を何足用意すれば安心?【理由も説明】

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。

私は出版社でリクルート誌を作る仕事をしています。

会社で働き始めたばかりの皆さん。こんな革靴の悩みはありませんか?

新入社員くん
社会人に必要な革靴は何足なんだろう?まだ働き始めたばかりだし、正直あまりお金をかけたくないなぁ。

わかります。新入社員が一度は疑問に思う質問です。

働き始めの頃ってまだあまりお金がありません。必要とは分かっていますが、用意する革靴は必要最低限にしたいですよね。

結論ですが、革靴は3足用意しておくようにしましょう。これには根拠もあります。

新入社員ちゃん
なぜ、3足なのか、根拠も含めて解説していきます!

 

【正解】新入社員は革靴3足を用意すべし

新入社員くん
スーツで勤務する場合、必要になるのが革靴です。
新入社員が入社したての頃に悩むのが、「何足革靴が必要なのか」です。
1足を履き潰して買い替える人もいるでしょうし、靴が好で毎日違うものを履いているパターンもあるでしょう。
ただ、新入社員の頃はあまり靴にかけられるお金はないと思います。
なのでここでは最低限持っておくべき革靴が何足なのかを考えましょう。
新入社員ちゃん
そして色々な角度から合理的に考えた結果、最適な数は3足という結論に至りました!

 

革靴を3足用意すべき根拠について

新入社員くん
今回「革靴をは3足用意すべきだ」と考えた根拠は以下の通りです。
  • ローテーションすることで革靴の寿命が伸びる
  • 革靴の寿命を保つ最低限の足数である
  • 不足の事態に対応できる

 

ローテーションすると革靴が痛まない

新入社員くん
毎日同じ革靴を履き続けていると痛みやすくなってしまいます。理由は水分です。

靴を履いている状態で10時間過ごすと、約200mlの汗をかくそうです。

革靴の水分に弱いですから、毎日続けて履いてしまうと型崩れも起きやすくなります。

新入社員ちゃん
つまり、複数の革靴をローテーションで履くのが革靴を長く履くために大切になります!

 

新入社員に必要な最小限の足数である

新入社員ちゃん
複数の靴をローテーションでといいましたが、新入社員にそこまで余裕は無いと思います。

5足でも6足でもあるに越したことはありませんが、最低限必要な足数は何足でしょうか。

一度履いた革靴は最低2日間を置かないと完全に水分が飛ばないそうです。

2日間間を空けて革靴を履くことで、水分のない型崩れしにくい状態で履くことができます。

新入社員くん
3足の革靴でローテーションを組めば、この問題を解決することができます!

 

3足あれば1足は汚れていない…はず

これは私の経験の話になってしまうんですが、3足あれば1足は綺麗な状態の革靴が残っているものです。

新入社員ちゃん
せっかくお気に入りのスーツを着ても、革靴が汚れていては締まらないですよね。
雨が続いていたりすると革靴が汚れてきます。
大切なクライアントのところへ出かける日だったりすると、朝に大慌てすることも。
毎日靴磨きをする余裕があれば良いんですが、忙しいとそうもいきません。

明確なデータを用意できず経験上の話で申し訳ありませんが、革靴が3足あれば1足は綺麗な革靴があるものです。

新入社員くん
筆者曰く、「3足あれば大抵はなんとかなる」「2足だったら終わってた」だそうです。
あわせて読みたい

新入社員くん 「靴磨き」って大人な趣味だよね。格好いいけど、敷居が高いなぁ。 新入社員くん でも、仕事で革靴を履くんだし手入れは覚えた方がいいよね。 えらい! 身だしなみが大切な社会人に[…]

 

新入社員はどんな革靴を用意すべきか

新入社員が選ぶべき革靴についても少しだけお話します。

どんな革靴でもいいわけではありません。

  • 色を何色にするかべきか
  • 装飾があっても大丈夫か
  • 余裕があれば長く履ける革靴にする
新入社員くん
革靴を選ぶ時に考えて欲しい、この3点についてお話します。

 

新入社員が揃えるべき革靴の色について

最初の3足は黒を用意しましょう。

なぜ黒にするべきかというと、

  • メンテナンスに必要な道具が少なくて済む
  • 汚れが目立ちにくい
  • 黒が一番コスパに優れている etc…

このような理由があります。

新入社員くん
最初は黒の革靴を3足用意して、そこから増やしていくのがおすすめです。

失敗したくないなら、新入社員は『黒色』の革靴を買うべき4つの理由で話している通り、最初は黒の革靴→ダークブラウンのようにステップアップしても良いかもしれません。

 

装飾の少ない革靴を選ぼう

ビジネスの場面で履く革靴は装飾のないものを選びましょう。

新入社員ちゃん
装飾というのは例えば「ウイングチップ」「ビット」のことを指します。
ビットローファー

画像はREGAL公式サイトより

これらはパーティや結婚式など華やかな場所でスーツに合わせるのに適しています。

その一方、ビジネスのシーンで履いてしまうとマナー違反と受け取られかねません。

新入社員くん
シンプルな「ストレートチップ」の革靴などがビジネスには適しています。
あわせて読みたい

こんにちは、ブロガーの(@redpandablog)です。 新入社員ちゃん 突然ですが、革靴のデザインについてちゃんと知っていますか? 革靴にはいろんな種類がありますが、デザインによって「フォーマル」向けか「カ[…]

デザインについて詳しくは上の記事をどうぞ。

 

余裕があれば長く履ける革靴を

画像はREGAL公式サイトより

これは余裕があればですが、長く履ける革靴を買ってみるのもおすすめです。

革靴の中には1万円でお釣りがくるようなものもありますが、ソールを交換して長く履くことができるものだと最低でも2万円程度の価格帯です。

新入社員くん
実は、革靴が履けなくなるのは、ほとんどの場合ソールのすり減りが原因です。

例えば国内メーカーのREGALなどであれば、10年履けるような高品質な革靴がリーズナブルに販売されています。

新入社員ちゃん
まずは1足購入してみることをおすすめします。
あわせて読みたい

こんにちは!ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 新入社員くん う〜ん、会社に履いていく革靴ってどれくらいの値段のものがおすすめなんだろう? みなさんも、新入社員くんが悩んでいるのと同じ悩み[…]

 

新入社員は革靴を何足用意すれば安心?正解は3足

今回の記事をまとめます!

新入社員くん
新入社員は3足革靴を用意するべき!

理由は、以下の通りです。

  • 靴をローテーションさせて長持ちさせるため
  • ローテーションできる最低限の数だから
  • もしもの時に安心できる足数だから

就活の時に使っていた革靴だけだと、就職して愛日履くようになるとすぐにダメになってしまいます。

新入社員ちゃん
身だしなみをしっかりとするのは評価にも自信にもつながるところです。まずは革靴を3足用意するところから始めましょう!
革靴の悩み全部解決

新入社員くん まだ革靴が少ないのでこれから買い足したい! と、考えている新入社員のあなたのために革靴の選び方を全てまとめました。 この記事を読むだけで、選ぶべきデザインや色、価格帯まで革靴選びの全てを網羅できま[…]